看護師 求人(転職)高給与

看護師の高収入や高給与の転職求人ランキング

給料の面では決して冷遇とは言えない看護師。
しかしそれでも潜在看護師と呼ばれる
資格を持っているにもかかわらず現場で働いていない人が多く存在しています。


それだけ離職率が高く、一度離れるとなかなか元には戻れないという状況があるようです。
それは平均勤続年数にも現れてきています。
看護師のそれは調査機関や時期にもよりますが、6年から7年と言われています。


まだ社会人として働いていない人はこの年数を
どう捉えたらいいのかわかりにくいと思いますが
さまざまな職種を総合して考えると
一般的には10年前後となるそうですから、やはり少し短い気がしますよね。


この状況を生み出しているのはやはり多忙である点。
結婚をしてしまうと家庭との両立が極めて困難だと言われていますから
離職を考えてしまうのは必然でしょう。


もっと働きやすい職場に転職を考える人も当然多くなってしまいます。
それは決して間違った選択ではありません。
平均勤続年数は長いに越したことはないでしょうが
職場を変えて自分の生活スタイルに合った働き方をすることはとても重要。


看護師という仕事は引く手数多なわけですから
ひとつのところで勤めた年数が短かったとしても
それによって白い目で見られたり敬遠されたりすることもないと思います。

復職支援

一度看護師として働いた経験を持っているものの
結婚を機に、あるいは結婚後の妊娠や出産
子育てなどの為に職を離れたという人はかなり多いと思います。


しかしこの不景気の折り、家庭の事情等で働かざるを得なくなったり
子供が大きくなったので再び看護師として働きたいと思う人も実はかなり多い。
とは言っても簡単に復職できる世界ではありませんよね。


数年経てば医療の世界は様変わりします。
技術も進み、もしかしたら前とは全く違った考え方が主流になっているかもしれません。
そんな変化などを不安に思う人たちはまず復職支援を受けてみてはどうでしょうか。


今日本は看護師不足に悩まされています。資格を持っている人は多いのに
それを活かしている人があまりにも少ない現状があるのです。
そこで各地自体や病院ではもう一度現場で
働きたいという人に対して復職支援を行っているのです。


これに参加すれば自信と感覚を再び取り戻せるかもしれません。
こういった支援は自治体に問い合わせてみるのもいいですし
看護師専門の転職サイトなどにも情報が載っていたりします。


1日コースや1週間コースなどを選べるところもありますし
多くは無料で受けられますから、積極的に参加してみましょう。
同じような状況にいる人との出会いもあり
励まし合いながら復職に向けて頑張れると思います。