プリセプターの役割

プリセプターの役割

看護師という職業は世間が思っている以上に
とても大変な職業で、新人看護師の離職率も病院やクリニックなど職場にもよりますが
高いところは相変わらず高水準にあります。

 

最初は憧れから入るものですが、看護学校等で学んだことと
実際に現場で働き出した時のギャップをリアリティショックなどと呼んだりもしますが
これに対するケアをいかに丁寧に行うかが離職率低下にも繋がってくるとされています。

 

今現在、多くの医療機関ではプリセプター制度を導入していますが
これがまさにそうしたショックやギャップを緩和させる重要な役割を担っています。

 

プリセプターとは、言い換えれば、新人看護師に対する指導係のこと。
とは言ってもキャリアを持っている重鎮のような存在が行うのではなく
働き出してから数年目の比較的若い人の役割としている医療機関が大半です。

スポンサードリンク

年齢も近く、新人の苦労もわかっていることなどから
教育係としてはうってつけ。教育係というよりも、相談係と言った方が近いかもしれません。

 

仕事を覚えるための指導やアドバイス
どのような対応や対処が求められるのかなどの助言などがプリセプターの主な役割となっており
一緒に問題解決方法を考えていく立場とも言えます。

 

ただ事務的に教えるのではなく、コミュニケーションを取りつつ
共に成長するのもこうした制度の大きな役割となるでしょう。

 

また看護師であろうと一般職の新入社員であろうと、その職業の知識やスキルを覚えても
やはり仕事とは何か?社会人とはどうあるべきか?そういったものについてはまだまだ未熟。

 

仕事とは自分の思い通りにならないことだらけであり
雑用や継続することの重要性なども教えてあげる必要があります。

 

またプリセプターという立場であっても、人に教えることで自分も学び成長できることがありますので
そういう俯瞰的なものの見方ことがプリセプターとして一人前になる秘訣であり
自分が高まらなければ、教えを請う新人看護師も成長しないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 看護師の世田谷区≪クリニック 求人!高給与≫
  2. 看護師は晩婚?
  3. 看護師の寿命ってどれくらい?
  4. ナース人材バンクの評判≪口コミ体験談2014≫
  5. 看護アセスメントとは?
  6. 准看護師の病院勤務
  7. 看護師の仕事とスキル
  8. 看護師 向き不向き≪性格≫