看護師の寿命

看護師の寿命ってどれくらい?

人それぞれ、様々な職業に就き、楽しく仕事ができる職場もあれば
辛く苦しい職場もあります。
また衛生環境や労働時間なども多種多様で
それにより体にかかる負担やストレス耐性も変わってくるでしょうね。

ちなみに私は現在看護師として仕事をしており、それなりの立場にあります。

看護師の平均寿命は60歳台だというニュースを見た事があるのですが
実際に看護師と言う職業を続ける事で寿命は短くなるものなのかは疑問です。

例えば30歳まで看護師を続けていて、その後は違う職に就いたり
専業主婦として休職、復職といった場合など
単純に職業だけでは判断できないと思います。

実際に私は今まで看護師として定年まで
働かれていて退職された方を数多く知っていますが
皆さん70代、一部80代の方もいらっしゃいます。

また単に寿命といっても、健康的に迎える70代、病気で寝たきりの70代とでは
捉え方も違いますし、看護師は平均寿命が短いというデータの
根拠自体が到底簡単に算出、抽出できるものではないと思います。

と言いながらも前に寿命のことが気になったので厚労省や医療系の協会や学会で
平均寿命のことを調べましたが、看護師の平均寿命は短い、
これくらいですといったデータは一切見つかりませんでした。

でもそれが当たり前でしょう。

スポンサードリンク

 

そんな職業だけで平均寿命はこれくらいなどと出す方がおかしいし
出したら、その機関のモラルを疑います。

単に激務だから短い、楽な仕事だから長いといったことは意味のないように感じます。
それよりも大事なことは、自分がどう捉え、それに対してどう取り組んでいくかだと思います。

つまり仮に看護師の平均寿命が短いというなら、生活スタイルやライフワークバランスを重視したり
改善すべきところは改善したり…。

逆に平均寿命が長いとされる仕事に就いていても、不摂生などがあれば早死にするかもしれませんし。

まぁ平均寿命だけで仕事を変えるわけにはいかないでしょうし
本当に長生きだけをしたいのであれば
一番平均寿命の長い沖縄にでも住めばいいのかもしれませんが
実際にはそうもいかないでしょうから
自分がこの世で生きていられる間をいかに充実させることが大事かもしれませんね。

長寿って、それだけで意味があるのではなく
そこに充実が加わって初めて意味の為すものだと思うので
健康面は気をつけたいですね。

看護師という職業は
嫌でも病気や怪我などの情報には詳しくなるので
激務という観点だけではなく、病や老化には敏感でいられるという点でいえば
メリットの部分かもしれませんね。

私も日々、色々な患者さんを見ているので、生活習慣は必然的に気をつけるようになりました。
何よりこれが長寿の秘訣であると思ってます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 看護師の世田谷区≪クリニック 求人!高給与≫
  2. プリセプターの役割
  3. 看護師は晩婚?
  4. ナース人材バンクの評判≪口コミ体験談2014≫
  5. 看護アセスメントとは?
  6. 准看護師の病院勤務
  7. 看護師の仕事とスキル
  8. 看護師 向き不向き≪性格≫