看護師の腰痛

看護師の腰痛の悩み

看護職の腰痛は職業病ともいわれてますよね。
実際私も軽いヘルニアになりましたし、周りも結構腰痛持ち多かったです。

最近は大病院などでは腰痛対策などしているところもあるみたいですが
まだまだ本気で看護師の腰痛を真摯に対策してくれるところは少ないと思います。

ただ看護師といっても働く職場は様々なので、どの職場でも同じように
腰痛に悩まされるかといえば違うと思いますが
総じて肉体的にも過酷な職場の場合が多いので
ある程度の年齢になってくると少しは影響が出てくる方が多いようです。

重度の患者さんが入院している時には介助の一端としてその患者さんを持ち上げたり
患者さんの身体を優先しなければならないので、無理な体勢で持ち上げることも多く
それがキッカケで腰痛持ちになってしまうことが多いみたいで
実状は腰をかばって仕事ってなかなかできませんよね。

あとどこかで見ましたが、立ち仕事自体は、必ずしも腰痛にならないみたいですが
立ち続けたことによって、足や腰が疲労し
その状態で中腰の姿勢になることが一番いけないみたいです。

スポンサードリンク

私の知り合いが勤めている病院でも、ヘルニアが原因で退職された方もいましたし
コルセットを巻きながら仕事をしている方もいましたが
当然根本的な解決にはなりませんし、仕事に制限が出て
周りの人にも気を遣わせてしまうので継続して仕事をするのは難しいですね。

あと女性の場合って年齢を重ねてくると骨が弱くなる骨粗しょう症になりやすいみたいなので
腰のストレッチとか、勤務中でも適度な休憩や仮眠など
ホント先々の影響を考えて気をつけた方がいいですね。

また少しでも腰に違和感を感じたら、すぐに診察・治療した方が絶対にいいです。

あと腰痛の予防対策はボディメカニクスの学習がいいと思います。
ご存知の方は知っているかと思いますが、少しずつ浸透していっているようですし
今の看護学生には、正しく教えているようです。

まぁとにかく腰は看護師の仕事だけでなく、、寝たきりや日常生活に支障をきたすもんですから
甘く見ていたら大変になりますから、可能な範囲で気をつけてくださいね。

私は結婚を機に退職したもので良かったですが
ずっと続けていたら…と思うとちょっと怖いです。

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. 看護学校の男女比は?
  2. 看護師の名古屋求人≪人気病院・高給クリニック他!≫
  3. 看護師の恋愛≪合う人はどういうタイプ?≫
  4. 看護師の福岡求人≪高給与の人気一覧!≫
  5. デンターストアの特大セールと看護師
  6. デイサービスの意義
  7. 看護師の一年目は辛い…
  8. 看護師の高給与≪東京求人≫
  9. 看護師の結婚相手
  10. 看護師の勉強会