看護師 向き不向き≪性格≫

看護師 向き不向き≪性格≫

看護師といっても夜勤があったり日勤のみの職場など様々。
夜勤の場合は生活リズムが変わったりすることもあり
肉体的な健康面、精神的な健康面を崩す方もいらっしゃるようです。

 

ですからまず、夜勤による不調の場合は日勤のみなど職場を変えることが望ましい。
そういう生活リズムに不安を覚える方は
看護師に向いていないというよりも夜勤に問題があるのではと思います。

 

ただ日勤(常勤)のみとなると、これはこれで競争率が高かったり
待遇面などで満足いかない職場に…という事もありえます。

しかし最も重要視すべきなのは、ご自身の健康面ですから優先順位を誤らないようお気をつけ下さい。

 

また看護師という根本的な技術面で仕事に行き詰まりを感じているのか?
それとも人間関係…。

婦長やドクター、同僚、先輩看護師と合わない、ストレスが溜まるのでしょうか?

 

問題は分解して考える必要があります。

 

技術面でどうしても求められるものを身につけられないということであれば
それは看護師という職業から他の職業に変えた方が良いのかもしれません。

 

働く場所にもよると思いますが、看護師は個人プレーの職場ではありませんし
病状やケガなど患者さんがいる職場がほとんどですから
思うようにならないことの方が圧倒的に多い。

 

また物を作る仕事でもなければ、ゆっくりマイペースで仕事を進められる仕事でもありません。

やはり臨機応変さが求められる仕事であり、応用力を求められる部分もあるでしょう。

 

仕事といっても、ゆっくりマイペースでできる仕事を求める方もいれば
異性と楽しく仕事がしたい、人に色々言われるのが苦手
活気ある職場がいい、クリエイティブな仕事がいい、結婚式場のようなハッピーな職場がいい…。

挙げればいくらでも出てきますが、自分は仕事に何を求めているのか?
最も重要視するのは、やりがい、給料、休日、勤務時間…。

そういうものを明確にしておく必要はあるかと思います。

 

人間努力すれば何でもできるは大間違いです。

 

しかし逃避したいという癖をつけると他の職業に就いても
何か壁に当たるとまた逃避、転職と堂々巡りになってしまいます。

看護師という職業が合わないのか、それとも自分自身の取り組みが甘いのか?
困難に対しての辛抱強さが足りないのか?

自分をかばおうとせずに客観的に見つける必要はあるでしょう。

 

また人間関係においても、どの職種でもあまり変わらないといえばそうです。

ただ看護師の場合は、やはり女性が多い職場ですので
それはそれの良さもありますが、辛さもあります。

 

その人間関係を単なる根性論では片付けられない側面は必ずあります。
逆にどの職場でも、タフに時に鈍感、無神経に先輩との色々をやり過ごすことができる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかしできる人と比較するのか?できない人と比較するのか?でも答えは変わってきます。

 

どの仕事でも辞めるのは簡単、逃げるのは簡単です。
本当にまだ続けられる余地があるなら続けるべきです。

その職場がどうしても無理なら、同業種での転職が望ましいでしょう。
人間関係を重視するなら保育園などの看護師も良いかもしれません。

 

また職場の人間関係といっても働く側の人間関係だけではなく
患者さんとも日々接していらっしゃるかと思いますが
そういう患者さんに対してたまにではなく
いつもイライラが募るようでは、根本的に人と接する仕事は向いていないかもしれません。

 

病院において患者さんは顧客という位置づけではないのかもしれませんが
基本的には世話をする仕事。それが看護です。

 

その看護というのは自分の我を出す仕事ではないので、どうしても自分自分が出てしまうようであれば
逆にその出てしまう我、自分を生かせる仕事が向いているのかもしれません。

患者さんに理想とまではいかないまでも、ある程度でも良い対応ができないのであれば
自分自身のみならず、患者さんにとっても喜ばしくなく、誰も得をしません。

 

ですから看護師というよりも、接客や人と関わる仕事が合っていないのか?
人と接する仕事という大きな枠ではなく、看護という部分が不向きなのか?

これも、細かく分解して考える必要はあるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 看護師の世田谷区≪クリニック 求人!高給与≫
  2. プリセプターの役割
  3. 看護師は晩婚?
  4. 看護師の寿命ってどれくらい?
  5. ナース人材バンクの評判≪口コミ体験談2014≫
  6. 看護アセスメントとは?
  7. 准看護師の病院勤務
  8. 看護師の仕事とスキル